Windows Vista講座の一覧へ


Windows Vista 講座−システムファイルの変更方法について (3/3)
←前へ 目次 次へ→

所有者をTrustedInstallerに戻す方法
前項により、管理者ユーザーに「C:\Windows」などのシステムフォルダのフルアクセス権限を与えたままにしておくことは、つまりウインドウズリソース保護 Windows Resource Protect (WRP)が無効になっているという事と同じです。
これをこのままにしておくと、セキュリティ上の観点から見て好ましいものではありません。

そこで、管理者ユーザーのアクセス権限を元に戻し、システムフォルダの所有者を「TrustedInstaller」に戻したいという事態になるのですが、このときちょっとした注意が必要です。

所有者を「他のユーザーまたはグループ」から指定する際には、「TrustedInstaller」ではなく、「NT SERVICE\TrustedInstaller」と記述しなければなりません。

この点にさえ気をつけておけば、所有者を「TrustedInstaller」に戻す事ができます。


図:所有者をTrustedInstallerに戻す
所有者をTrustedInstallerに戻す



参考URL
SYSK 277: How-To Bring Back the TrustedInstaller


←前へ 目次 次へ→






Windows Vista講座の一覧へ